暮らしタイトル


 日々の暮らしの中での出来事や、気づいたことなどを綴ってみようと思います。

(2006年1月〜2007年5月)



久しぶりに・・

5月19日。しばらく仕事を休んでいるため、職場の友人達がお見舞いながら遊びに来てくれました。
"Sound Swell"で久しぶりにみんなと食事です。
甘いもの大好きの5人。注文したのは、まず・・苺パフェ・マンゴーパフェ・コーヒーゼリーもいいかもと、
お昼ご飯なのに決めるのはなぜかデザートが先。
幾つになっても?ちょっとメタボが気になっても?甘いものの魅力には勝てません(^^♪
賑やかなおしゃべりは、長く長〜く続いたのでした。
(お店の人が呆れてたかも・・スミマセン)



昨日、散歩の途中に四つ葉のクローバーを2本見つけました。
家に帰り、ノートにはさんで・・ふと、やることが昔?とあんまり変わってないかな・・と。
考えてみると、年齢を重ねてそれなりにいろいろな経験もしてきたはずなのに、
人として成長したとか、思慮深くなったとか、賢明になったとか、あまり思えないところが・・なんとも困ったものです(ーー゛)



夏の気配

5月9日。3月末から1ヶ月程、手術入院していました。
ようやく退院し、少しずつ散歩したりして体調も回復しつつあります。
病院ではいろいろな人達との出会いがあり、考えることも思うこともありました。

そんなわけでいつのまにか桜の花の時期も終ってしまい、今年は春がなかったような気がしています。
外はもうすっかり初夏の雰囲気。 家の北側にある田んぼでは夜になると蛙の大合唱です。
のどかで、そして「やっぱり家はいいなあ」って・・何度もそう思います。

                    

それにしても、あいかわらずうちのマオは外でケンカしていつも負けてくるみたい。
時々、首の後ろを噛まれたりしていて慌てます。(逃げてくればいいのに、猫にもメンツがあるのでしょうか?)
首輪も、もう5本くらいなくしました。 
もしかしたらノラ猫のボス?が(すご〜く大きな猫がいるのです!)首輪コレクションなどしているのかもしれませんv(=^.^=)v



石焼カレー

3月18日。今日は彼岸の入り。お墓参りを済ませたあと、白浜方面にドライブ。
南房パラダイスが去年の夏・道の駅になって、どう変わったのかな?などと話しながら。

途中、海がきれいだったので海岸におりてみると、浜大根の花がいっぱいに咲き
大島が遠くうっすらと見えました。 
三原山が噴火したのはもう20年も前のこと。
夜、空が噴火で赤く染まるのを見にきたことを思い出しました。

お昼になったので、友人に聞いたことがある「ハーフ・ムーン」の「石焼カレー」を食べようということに。
運ばれてきた石焼カレーは・・ご飯の上にカレールーをかけて焼き(沸騰させ?)、
グツグツ音をたてている中に生卵を落としたシンプルなもの。
それを見たとき、火山の地中から噴出す○○地獄なんていうのを連想してしまいました。
やけどをしないよう”ふぅーふぅー”です!それでも・・あ、あっ、熱〜い!
「石焼カレー」は、最後まで熱〜い「ちょいコゲカレー」でした(*^.^*)/



鈍感力

3月5日。何日か前、朝のラジオ・ニッポン放送で「鈍感力」渡辺淳一/著・を紹介していました。
"五感の鈍さ"図にのる才能"女性の強さ"会社で生き抜くために"などからなる17章のエッセイ集です。
おもしろそうだったので読んでみました。

鈍感力はおおらかに逞しく生きるための力!
いやなことがあってもすぐに忘れて、気になるようなことも平然と受け流せる。
よく眠れることも才能。なんでもおいしく食べられる幸せ。そして、母親の子どもに対する愛も鈍感力だと。
精神的に緊張や不安がなければ、いつもリラックスできて血液の流れもよくなり健康によい。なるほど!
そうか〜何にでも敏感すぎるのはよくないんだ・・

鈍感力。ストレスに弱く、落ち込みやすい私にはおおいに身につけたい力です。
感じなければ、クヨクヨ悩んだりすることもないわけだし・・う〜ん・・でも、身につけるのもなかなか難しいかも・・やっぱり才能かな?
鈍感という言葉の持つイメージが変わる一冊です。



蒸気機関車

2月19日。各地で大荒れだった春一番も吹いて、もう梅の花が見頃です。
今年は雪がちらついたりすることもなく、このまま暖かくなっていくのでしょうか。

2月から4月までの「ちばデスティネーションキャンペーン」のひとつとかで、
先週と先々週・木更津から館山まで"SL"(D51)が走りました。
3日・駅に切符を買いに行った時・ちょうど列車が着く時間だったらしく、
館山駅周辺のあまりの混雑ぶりにびっくり! 鉄道ファンって多いんですね。

"SL"ではなく"蒸気機関車"っていうと、すごく力強い響きです。
千葉で"SL"が運行されなくなってから37年になるそうですが・・
子供の頃に乗ったことがあるという・おぼろげな記憶は、懐かしいというよりも不思議な感じがします。
 
                            

最近ミクシィを始めました。夜、家事を済ませてからパソコンを開き、興味のあるコミュニティなど あれこれ見たりしていると、
瞬く間に深夜になってしまいます。 寝不足は、明日がツライ (−.−;)



いちご狩り

2月3日。南房総を紹介するテレビ番組を見ていて、久々にいちご狩りに行ってみようかということになり
娘と二人、今日のお昼は”苺!”と決め、館山にあるいちご狩りセンターへ。

土曜日なので家族連れの姿も多いみたい。 案内されたハウスの苺の品種は”章姫”でした。
酸味が少なく柔らかい食感。大きくて真赤ないちごは 甘〜い!
”紅ほっぺ”とか、違う品種のもあるといいのにね・・などと話ながらも、20分程でおなかいっぱい状態!

それでも、帰る途中「なんか、しょっぱいもの食べたくなっちゃったね」と、
結局、マックに寄ってハンバーガーを買って帰ってきたのでした (^^)



シンデレラ靴物語

1月21日。ふとしたことで学生時代のクラスメートから、彼女のお嬢さんが19才の時に交通事故にあい、
7年経った今もリハビリ中だということを聞きました。

そして、その前向きに頑張っている姿が フェアベリッシュというリハビリ介護靴会社のホームページの中の
「シンデレラ靴物語」として紹介されているということも。

”物語”を読み、写真にうつったお嬢さんの明るい笑顔にホッとするのと同時に、
母親である彼女も どんなに心配し辛かっただろうかと思い、胸が痛くなりました。
私も、同じ年頃の娘をもつ母親。どうか歩けるようになりますように・・と 願うばかりです。

                    

フェアベリッシュのホームページを見てみると、リハビリ介護靴をつくるというのは・考えるよりもかなり大変らしいのです。
はきやすく・はかせやすい靴っていうのは、とても難しいものなのかもしれません。



不二家のケーキ

1月13日。ペコちゃんの不二家が 洋菓子の販売を停止したとか。
消費期限切れや衛生問題などで、なんだか大変なことになってきています。

まだ今みたいにケーキ屋さんなどあまりなかった小さい頃、
テレビ漫画(アニメ ) ”ポパイ” のスポンサーが不二家で・・
そのCMにでてくる 華やかなケーキは、子供心に大きな憧れでした
この気持ちがわかるのは、同じ世代で ”ポパイ” を見ていた人だけでしょう!
(ホウレンソウの缶詰を食べるとすごい力を発揮するポパイでした☆〜ポパイ・ザ・セイラーマン〜)
でも、もしかすると 私のケーキへの思い入れが強かっただけなのかもしれませんが?

今、ケーキは普通のお菓子になってしまったけれど、昔(不二家=憧れのお店)だっただけに、ちょっと残念な気がします。
             


年明けから毎日、耳を覆いたくなるような事件が テレビや新聞で報道されていますが、穏やかな年になってほしいですね。



2007年!

1月7日。新しい年が始まりました。 初詣は近くの高家神社へ。
 
お参りのあと、お守りなどを売っているところで破魔矢を買おうかと思い見ていたら・隣には鏑矢が。 
「破魔矢と鏑矢ってどう違うんですか?」と尋ねると、「???」答えに困っている様子。
「え〜?わからないの?」と思いつつも、困らせるつもりはないので、
「両方とも魔除けだろうから、大きさの違いなのかしらね・・」などと訳のわからないフォローをして破魔矢を買い帰ってきました。
(売っている人が意味わからなかったら、御利益がないような気がしてしまいますよ "^_^")

ネットで見てみると、破魔矢は厄除けで・鏑矢は幸運を呼ぶらしいとか・・(ホントかなあ?)

                      

2日には懐かしい中学時代のクラス会がありました。
みんなすっかり”おじさん”と”おばさん”になっているのに、変わっていないように感じてしまうのは・・
一緒に年をとっていくからなのでしょうか。
ただ、写真を見ると・誰が先生なのかわからないみたいだと思い、おかしくて笑ってしまいます。



お正月の準備

12月29日。大掃除まではいかない小掃除?をすませ、明日は玄関にお飾り・神棚にお神酒とお供え餅をあげます。
(31日につけると”一夜飾り”といって、よくないというようです)

この一年、平凡な毎日の中にも・いいことも・そうでないこともあったけれど、
とりあえずみんな元気で新年を迎えられそうなことに感謝しましょう。
こうして年末になると、あらためて時の流れの早さを感じてしまいます。
特に最近は加速度がついているかのようで・・

それはそうと、昨日も今日もフィギュアスケートよかったですね〜! 真央ちゃんは可愛いし、すごい!
ほっこりとできあがったお汁粉を食べながら、画面にみとれました。 平和です
 



今年もあと少しです・・

12月20日。毎日忙しくしているうちに、12月も半ばを過ぎてしまいました。
夜になるとクリスマスイルミネーションに飾られた家を時々見かけ楽しくなります。
(電気代、どのくらいかかるんだろう?と、思ったりもしますが☆)
我が家では毎年この時期、玄関に ほんの気持ちだけのリースです。

12月に入っても今年は暖かくて、早々とスキーに出かけた子どもたちは・・
雪のないスキー場に人工雪のゲレンデだったそうで、ちょっとがっかりしていました。

暖冬の影響で、クマは冬ごもりできなくて人里に出没しているというし・・
野菜が安いのは消費者にとってうれしいけれど、一生懸命育てた野菜を
生産過剰で廃棄処分しなくてはいけない農家の人たちは切ないでしょうね。 
テレビでそんな映像を見るたびに、ほかに何かいい方法はないのかと思ってしまいます。
もったいないし、なんだか間違ってるような気もして? それってやっぱり変ですよね。



20歳☆

11月18日。小岩に住む姪は来年の3月で20歳になります。
妹たちや私たち家族もみんなでささやかな成人のお祝いをしようということになり、
少し早めですがこの日館山の松庵で3家族一緒に食事会をしました。

美容院で着付けをしてもらい、写真を撮って・・こぼれるような笑顔がかわいい!
ちょっと小柄な姪は、古典的な感じのする赤い着物がよく似合っていました。(写真は松庵の庭でのもの)
「こんなふうにみんなでお祝いできるなんて幸せだね」と妹。 「そうだよね・・」と私。


       


何が基準になるのかよくわからないけれど、日本の幸福度というものは世界の中であまり高くないそうです。
人それぞれに考え方や感じ方が違っていても・・・幸せだなって思える気持ちが大切かな?



種無しスイカ

11月11日。今月初め2泊3日で福島方面へ出かけた時、
果物卸売りのお店に”種無しスイカ”のシールのついたものがあったので
今の時期におもしろいと思い、お土産に買ってみました。

翌日、「ホントに種がないのかなあ?」と、母と祖母と3人興味津々でスイカを切ってみると・・
種はありました!それもかなりいっぱい☆
ただ、種は白くて小さいものが多いので、食べるのには邪魔にならないみたい。
でも、こういうのを種無しスイカっていうのかしら?? 

この日は天気もよく下の方はまだ紅葉に少し早いけれど、山々はすっかり秋景色。磐梯高原のドライブコースは良かったですよ! 
今回で3度目になる二本松の菊人形も、ちょうど見頃でとてもきれいでした。



夜が大好き?

11月1日。庭にチューリップの球根と、ビオラの苗を植えました。
秋も深まり、庭はそろそろ来春の準備です。 ビオラの苗は、これからやってくる寒い冬にじっと耐えて
チューリップは、何ヶ月も土の中で春が来るのを待ちます。
花が咲くのは自然なことのように思ってしまうけれど、もしかしたら植物も・かなり頑張っているのかも。

       
夜遊び?が大好きな我が家のマオは、夕方のご飯のあとすぐに外へ出て行き
時間を忘れ・・夜中になるまで遊んでいます。 
静かな暗闇の中、目を輝かせ☆秋の夜長を満喫している様子!
私は真夜中過ぎに眠い目をこすりながら待っていることもしばしばで、最近ちょっと寝不足状態です(−.−)~



Schiele(シーレ)で・・

10月22日。裏庭で、さざんかが咲き始めました。
今日、前からちょっと気になっていたカフェ&ギャラリー・シーレに行ってみました。

シーレでは今、オーナーであるイラストレーター・関千明さんの”人物を描いた個展”が開かれていて、
私たちが行った時には何人もの生徒さんが集まりクロッキー教室の最中でした。

木々の緑の中、築70年の自宅を改造したというギャラリーは天井が高く落ち着いていい感じ。
優しい雰囲気の作品に囲まれて、コーヒーがおいしかった。
こんな時間を過ごせる場所が近くにできるのは、うれしいことですね。



先日のアレルギー検査の結果は”ハウスダストへの数値がかなり高いけれど、食物については大丈夫のようです”とのことで・・
蕁麻疹の原因はわからないものの、とりあえず一安心。食べられないものができなくてよかった〜♪
それにしても、体調に気をつけなくてはいけない年齢になってきたということでしょう。



中秋の名月

10月12日。1日遅れの中秋の名月が海から上るのを、きれいだねって言いながら見ていた次の日
8日の早朝・顔や手のひらまで全身に蕁麻疹ができてしまっていた。 
たしか去年の6月頃、会社での昼食が天ぷらだった時にも同じようなことが一度だけあった。
その時、皮膚科では「たぶん体調のせいで、もしかしたらエビかもしれない」ということだったのだけれど・・
今回と共通しているのはイカかなあ? 
4日目の昨日になって蕁麻疹はなんとか治まってきたのだが、身体中がほてって痒いのにはすっかり参ってしまった。
病院で勧められてアレルギーの血液検査をしてきた。結果は20日になるそうだ。
もしかすると、食べてはいけないものがでてきてしまうのだろうか(>_<)



空がピンクとブルーのグラデーションに染まった夕暮れ時、まだサーファーが泳ぐ海から上る月はとっても美しかった。
何日か前の新聞に”月は地球に巨大な天体が衝突して誕生したらしい”とあったが・・そんなことはどうでもいいような気がしてしまう。



秋分の日に

9月23日。千倉では1692人ものランナーが参加して、第37回ロードレースが行われました。
実家の近所の人たちとコースになっている海岸通りに出てみると、
海からの強い風で砂が吹き上がり・目を開けているのも辛いほど。
それでもみんな小旗を振ったりしながら、頑張って〜!と・声援を送っていました。

     

今日は各地でいろいろなイベントがあったようですが、
静岡県のつま恋では吉田拓郎とかぐや姫のコンサートが開かれたそうです。
”神田川”や”妹””夏休み”など・・今きいても、いいな〜って思います。

過ぎてきた年代ごとに、歌はたくさんあったはずなのに、10代・20代の頃の歌が いつまでも心に強く残っているのは何故なんでしょうね。
車の中には、そんな”懐メロ”?のCDもいっぱいですが、中でもサザンオールスターズの曲はいつ聴いても新鮮で、
夏はほとんどサザンばかりで終わってしまいます(^^♪



亀田総合病院にて・・

9月14日。机の中を整理していたら、4年程前・腕の手術で入院した時に書き綴ったレポート用紙が出てきました。
ふと思いついて、ここに載せてみることにします。

あの時、左肩下の腕の筋肉の奥にできた・直径5〜6cmの丸くて平たいしこりのようなものに気づき
「たぶん悪いものではなく、脂肪腫だと思うけれど・・取り出してみないと確かなことは言えません。」 
という先生の言葉に、初めての手術をすることになったのです。

不安な気持ちばかりが大きくなる中で、平穏に暮らしている何でもない毎日の大切さを、あらためて考え直したときでした。



手書きの葉書

9月10日。お昼頃に野菜の収穫をしていると、風にのって・・音楽と太鼓の音と歓声が聞こえてきました。
今日は中学校の運動会? 賑やかな雰囲気が伝わってくるようです。

数日前に学生時代の友人から久しぶりのハガキが届きました。
何気ない近況報告ですが、昔ながらの見慣れた文字が懐かしく嬉しい。 
やっぱり自筆っていいなあ(^^)
最近はパソコンに頼ってしまうことが多いのだけれど・・ほのぼのとした絵葉書を選び、
決して上手とはいえない手書きの文字で、私も返事を出しました。



シークワーサー烏龍茶を☆

8月9日。台風7号が関東南岸を通過し、この辺りでも昨日の夜から朝にかけて強い雨が降りました。
一時電車も止まったりして、館山では小さな土砂崩れが何件かあったようです。
明日は台風一過の晴天でしょうか。暑くなりそうです。

いつもよりちょっと涼しい今夜、シークワーサー烏龍茶をいれてみました。
さわやかな軽い酸味が夏の夜にぴったりの感じ!
お茶といっしょの甘いお菓子が、夏痩せしたくても? しない理由なんでしょうね。
これは妹の友人で、絵付けの先生でもある茉璃さん手描きの器。
ホッとできる時間を楽しみたい時に使う、私のお気に入りです。



梅雨明けです

7月30日。関東は去年より12日遅い梅雨明けとなりました。
南房総では雨の被害はなかったのですが、九州地方や長野県では集中豪雨による土砂災害がおきて
復旧がまだ進んでいないところもあるということ。
気象庁で”平成18年7月豪雨”と名づけられたという今回の集中豪雨・・やっぱり異常気象なんでしょうか?
   

季節はいよいよ夏本番! 南千倉海水浴場も少しずつ賑わいをみせ始めています。
でも、近頃夏休みの楽しみ方は☆海☆だけではなくなってしまっていて、
海水浴客の数は、全国的にみると10年前に比べ3割も減っているそうです。 
以前は100軒以上もあった千倉の民宿も、今では半分以下になってきています。

夏休みには毎日のように海で遊び、家に帰るとスイカを食べてから昼寝zzz・・ な〜んて時代もありました。



夏祭り

7月8、9日は千倉のお祭りでした。
毎年お祭りの日は雨に降られることが多いのですが、今年は曇りで暑すぎもせずちょうどいい天気。
提灯の灯りと賑やかな露店、御神輿に山車。
笛や太鼓の音は子どもが小さかった頃にいっしょに連れて行った時のことや、もっと昔をも思い出させます。

私が子どもだった・ずっと昔?山車の綱を引くのは、もちろん子ども達。
早く行かないと綱をつかむ場所がなくなってしまうくらいに大勢の子ども達がいました。
夜には浴衣を着せてもらい、かわいい赤い帯で出かけるのがうれしかった。
今は子供が少ないので大人達も参加しなくてはならなくなってしまい、ちょっと淋しい気がします。

夏の日の風景で思い出すのは、まだ舗装されていない海岸通りの・・ほこりっぽいデコボコ道の川沿いに咲いていた真赤なカンナの花。 
そして、今では堤防もできて海水浴客の駐車場になってしまっている・・砂浜からの続きのような、さとうきびと・とうもろこしの畑。



梅ジュース

6月27日。友人の家からいただいた梅で梅ジュースを作ってから3日が経ち・・

洗ってきれいにふいた梅のヘタをとり、一日凍らせてから1:1の量の梅と砂糖を交互にビンに入れる。
梅ジュースのレシピどおりに作りました。
梅酒も好きなんだけど、アルコールに弱いからジュースでガマンです (お酒に強い人がうらやましい)
10日くらいで飲めるようになるらしいので、できあがりはちょうど夏祭りの頃かな。

6月・・梅雨時なのに水無月?
”みなづき”の「な」は「無」ということではなく当て字のようなもので、田に水を引く水の月という意味だとか。
日本語はきれいで、奥が深いですね。

今年は4月5月にも雨の日が多く、日照不足で房州ビワの収穫が遅れていて甘みも少ないらしい。 
毎年送っているビワを、今年はどうしようかと考えているところです。



野球観戦

6月17日。 巨人戦を見るために、小岩に住む妹のところに泊まりながら行ってきました。
夫と娘と息子、そして妹の夫の4人は東京ドーム( 巨人×東北楽天 ) へ。
野球にあまり興味のない私と妹は、映画でも見ようと錦糸町へ。「嫌われ松子の一生」を見ました。

7-4で巨人が勝ち、球場で飲むビールはうまい!などと言いながらみんなご機嫌♪
子どもたちと一緒の野球観戦は、とってもうれしい父の日のプレゼントだったらしい。

映画もよかった。コメディっぽいところと・思わずホロリとさせられるところとあって・・
主演の中谷美紀もよかった。 それにしても、南房総に映画館がないのは淋しいなあ。



鎌倉へ

6月10日。友人の悦ちゃんと横浜から鎌倉へ。
やはり中学・高校時代からの友人で、鎌倉に住み旦那さんと一緒に大船で”キャベツ畑”という
広島お好み焼きのお店をやっている泰江さんを訪ねながら、美術館にでも・・と、出かけました。

朝8時半頃家を出て袖ヶ浦パーキングまで車で行き、袖ヶ浦からは高速バスで横浜。
悦ちゃんの息子さんが働く高島屋のフレンチレストランで、ちょっとリッチなランチをとったあと鎌倉へ。

梅雨の晴れ間の中、鎌倉はアジサイがいっぱい咲き、しっとりとした緑もきれいです。
鎌倉大谷記念美術館で泰江さんと待ち合わせ「デュフィ展」を見て、銭洗い弁天で備え付けの小さいザルで小銭を洗いました。
そこで野生のリスを発見!(銭洗い弁天の売店で餌付けしているらしいとか?)

”キャベツ畑”の夕方5時の開店を待って、旦那さんが鮮やかな手さばきで焼いてくれるお好み焼きをご馳走になり・・
おいしかった〜!おなかいっぱい大満足で帰ってきました。

”キャベツ畑”はネットで見てみても、大船で評判の☆おいしいお好み焼き屋さん☆ 
横浜や鎌倉方面に行く機会があったら、ぜひ立ち寄ってほしいと思います。
(関東のお好み焼きより野菜がいっぱいで、とってもヘルシーです)



母の日に・・

5月14日。毎年、母の日のプレゼントは何にしようか悩みます。

今年76歳になり足腰が弱くなったきた母には、折りたためる小さめのシルバーカーを妹たちといっしょに贈ることに。
そして子ども達から私には、クルクルドライヤーとピアスが。
プレゼントも、もちろんだけど・・何よりも子ども達の気持ちがうれしい。

写真のケーキは、私の好きなマンゴーをたっぷり乗せた、デニーズの”母の日特製ケーキ”だそうです。
ありがとう!おいしかったよ〜(^^♪



南房総市・・

4月28日。7町村合併によって千倉町から南房総市になり、市長選・市議選もようやく終りました。
新しい市になったといっても毎日の生活の中で変わったのは、
今のところ・・ゴミ袋が指定されたことと、住所を書く時に思うくらいかな。
まだちょっと実感がありません。何が変わっていくんでしょうね・・

もうすぐ5月。桜の季節も終り、あちらこちらで鯉のぼりが泳いでいます。
こどもの日が近づいて和菓子屋さんでは柏餅。その柏餅を包んである柏の葉・・
柏の木は、秋になって枯れた葉が春に新芽が出るまで落ちずに枝についていることから、
子孫が絶えない縁起のよいものとして使われるようになったと新聞にありました。

菖蒲湯の菖蒲には疲労回復などの効能もあり、邪気を払うといわれているそうです。
菖蒲を浴槽に入れてから沸かすと香りがよいらしいので、今年は香り高いお風呂に入ろうと思います。



客船・飛鳥U

3月14日。今日は館山港で飛鳥Uの船内見学会があるはずの日でした。
でも館山市のホームページによると、風が強く波が高いために中止になったそうです。
県外だとか遠くから来た人は特に残念だったでしょうね。

私も友人と3人で見学会に応募したのですが、抽選の段階で・はずれてしまっていました。

お昼過ぎに北条海岸沿いを走っていたら飛鳥Uの姿が見えたので、車を止めて写真を撮ってみました。 
そのときは見学会の中止のことを知らなかったのですが・・
なかなか豪華客船といわれるような船に乗れることはないので、船内を見てみたかったな☆



CT検査

3月8日。先日たまたま見つかった胆石の”念のために・の検査”で、安房医師会病院でCTの検査をうけることに。
ベッドに寝た状態で、時々息を止めたりしながらドーナツ状の輪の中を3度往復するだけ。
5分もかからずに終わってしまったため、思わず「もう終りですか?」と聞いてしまいました。

以前一度だけうけたことのあるMRIの検査と比べると、注射をするわけでもないし時間も短い。
結果は、普通の胆石のようだから年に一度くらい経過を見ていけばよいとのことでホッとしました。

今頃は車で走っていても、家々の庭先の梅の花や・畑の菜の花が満開でとてもきれい。いい季節です
いちめんの菜の花畑は、子どもの頃のお弁当の黄色い「いり卵」みたい。



高速バスで・・

2月26日。昨日は浜松町の四季劇場にライオンキングを観にいってきました。
(親子で観にいってもいいと思う。すごく楽しめる内容のものでよかった!)

途中でチケットをとってくれた妹たちと待ち合わせて行くため、
とりあえず千葉までは2月10日に運行が開始されたばかりの「千葉行き高速バス」をつかってみることに。
高速バスはトイレ付の普通の観光バスで、きれいだし乗り心地もまあまあよし。
ただ乗客が、行き・9人、次の日(今日)の帰り・3人だけでした。(昼間の時間帯のせいかな?)
まだ運行され始めてから日にちが経っていないので、利用する人が少ないのかも?

電車のように蘇我で乗り換える必要もないし、1時間おきにでているのでけっこう便利。
館山から1,500円と、料金も安い。到着時間も予定どおりでした。

南房総から千葉・東京方面へは、特急電車の本数も少ないし不便なことが多くて・・
少ない乗客数に、せっかく運行が始まった高速バスがなくならなければいいけどと、早々と不安を感じてしまった行き帰りでした。



 立春は過ぎたけれど

2月5日、日曜日。今朝庭に出ると、3週間程前に植えたパンジーのまわりの土が盛り上がっている。
霜柱だ・・この辺りでは珍しい2センチくらいの霜柱。  
手にとるとぼろぼろと崩れました。
パンジーは首をすくめるようにして小さい花をつけ、寒さに強い水仙はしっかりと咲き始めています。

10時頃お墓参りに行くと、晴れているというのに花瓶の水も線香立ての砂も凍り付いていました。 
よその地域のように大雪で困ることはないもののやっぱり今年は寒いです。

いつもだったらそろそろ見頃になる”千倉のお花畑”も、まだほとんど咲いていない畑もあります。
そんな中、テレビで一部のきれいな花畑の部分ばかりが放映されるので、
満開のお花畑を期待して訪れる人たちががっかりするのではないかと思うと、ちょっと気の毒な気がします。



洋ラン展で・・

1月28日、太海フラワーセンターで催された南房愛蘭努クラブの洋ラン展へ。
よく目にするカトレア・シンビジューム・コチョウラン、造花のようなオンシジューム。
そのほか、名前のわからないもの多数。
食虫花のような花の形をしたものもいろいろあり、ランの種類と色の多様さにちょっとびっくり。

即売所でスッとした立ち姿のきれいな、ピンクのコチョウランを1050円で購入。
つぼみもたくさんあり長く花を楽しめそう♪

翌日、水苔を入れて鉢に植え替えました。 
コチョウランは温度管理が大切で、寒い時期の夜間は温度が下がる出窓には置かないほうがいいとのこと。
そして、水はやりすぎると根腐りするし、乾きすぎてもいけないと・・う〜ん難しいかな?
だいじに育てよう!


              ☆右は4ヶ月後の写真です。コチョウランってこんなに長くきれいに咲いているものなんですね