暮らしタイトル

 日々の暮らしの中の出来事や、気づいたことなどを綴ってみようと思います。

(2012年4月〜)


 
2017/5/1・北口牡丹園

 新緑の季節。車でどこを走っても、みずみずしい若葉がきれいです。
先週、毎年楽しみにしている北口牡丹園さんに行ってきました。

よく手入れされた園内に咲く色とりどりの牡丹は、華やかで本当に美しい
満開の八重桜やオダマキ、もうすぐ芍薬も咲き始めます。
見学するには午前中の早い時間の方が、花が生き生きしていて良いそうですよ。
160種くらいの牡丹が植えられているので、時期を少しずらすと違う種類の花色が楽しめます。
今シーズン中に、もう一度訪れたいと思っています。
 例年より1週間以上も遅かった今年の桜
鴨川の嶺岡林道から水田三喜男記念館に続く道に植樹された桜が大きく育ってきていて・・
そのうち南房総の桜の名所になるかもしれません。
城西国際大学が鴨川市に観光学部を開設したことを機に「桜並木修復プロジェクト」を立ち上げて活動を始め
学生さんと地元の方たちが一緒に、植栽や手入れを行っているとのこと。
きれいな桜を育てていただいて"感謝"ですね



 
2017/01/25・SL館山

 21・22日、南房総にSLが走りました。9年ぶりだそうです。
今回も2日間とも見に行きました。
風は強かったものの天気は晴れ。見通しの良い沿線は、写真を撮る人たちで賑やかでした。
ボーッ!!という力強い汽笛、もくもく上がる蒸気の煙、なんともいえないドキドキ感  
窓から乗客の方たちが手を振ってくれました。乗ってみたいですね〜



先日、書斎の棚を片付けていたら、箱に入った20通くらいの手紙の束が。
日付は就職したばかりの頃、40年以上も前のものでした。懐かしさに、1通1通ゆっくりと読み返してみました。
友人たちの近況報告や・・旅先からの絵葉書も何通かありました。
当時は文通が流行っていたこともあり、よく手紙を出したりもらったりしたものです。
結婚や引っ越しなどの機会に、ほとんど整理処分してしまったと思っていたのに・・ 
こんなふうに出てくると、とっておきたくなりますね。

携帯やスマホやパソコンなどがこんなに身近になるなんて、考えもしなかった時代。
すぐに連絡がとれないので、ちょっとした行き違いで会えなかったりしたこともありました。
今では信じられないかもしれないけど、駅には伝言板があって、利用したことも。
あの頃、私は誰にどんな手紙を書いていたのでしょうか?? う〜ん、思い出せません (T_T)
もし誰かがまだ持っているようなことがあったのなら、読んでみたいような気がします。



 
2016/12/31年末です

 大晦日。年々一年過ぎるのが早くなっていくようです。
今年は健康面で心配した時期もあったけれど、元気で新年を迎えられることに感謝です。

いつもだったら「おせち」の用意をするのですが、今回お付き合いの関係もあり
初めて「花しぶきリゾート」のおせちを頼んでみました。
彩り豊かなちょっと豪華なおせちで、楽々年越しです(^^)

 ☆孫ちゃんはもう少しで4歳に。
 興味はアンパンマンからプリキュアへ移り・・今はメルちゃん、ポポちゃん、リカちゃんでおままごと。
 ブランコもこげるようになり、一緒にクッキーを焼いたり、大きめのビーズで首飾りを作ったり、日々成長を感じています。

 ☆シニアのフラサークルに入り、フラダンスを楽しむようになってから1年以上になります。
 想像していた以上に楽しくて、ゆったりした音楽にも癒やされて、新しいことを覚えるのはいくつになってもいいものです♪

 ☆何年かぶりに、紅白をずっと見ていました。
 世代がずいぶん入れ替わっていますね〜司会の相葉くんが一生懸命で、いっぱいいっぱいのところが可愛かったです。


 
2015/9/29・彼岸花

 昨日の夜は晴天。月がきれいでした。地球が月に最も接近する「スーパームーン」の日だったとか。
今年の夏は8月下旬から急に涼しくなって、残暑らしきものはほとんどなく・・瞬く間に秋になったという感じです。

そして秋分の日も過ぎ、道の端々で鮮やかに咲いていた彼岸花もそろそろ色あせてきました。
彼岸花の針金細工のような繊細な花形は、少〜し妖しい雰囲気がありますね (^^)
仏教の経典からきているという「曼珠沙華」の名前の方がよく似合うような気もします。

昼と夜の長さが同じくらいになるお彼岸は、あの世(極楽浄土)とこの世が交わる日だと考えられているそうで、
亡くなった人と心が通じやすい日に・・という思いから、先祖供養やお墓参りをするようになったらしいです。

先日、何気なく見たテレビで、30年前に亡くなった旦那さんを 当時の写真をもとに 特殊メイクでよみがえらせる・・というのをやっていて、
特殊メイクされた方はもちろん全くの他人なのですが、その姿を見て昔の面影に涙する奥さんに、思わずもらい泣きしてしまいました。
もう会えないはずの人が、ほんのわずかな時間だけでも帰ってきてくれるとしたら・・

十年ほど前に観た「黄泉がえり」という映画を思い出しました。



 
2015/4/14・大人の社会科見学ツアー

 先週半ば、クラブツーリズムの「大人の社会科見学ツアー」に出かけてきました。
コースは・・上野集合〜国会議事堂〜農林水産省(昼食)〜防災体験学習施設・そなエリア東京〜東京証券取引所です。
テレビで見ることはあっても実際に見学したことはなかったので、この機会に友人と二人でツアーに参加してきました。

国会議事堂では空港並みのセキュリティチェックがあり、警備の方の多さにも国の中枢機関であることを実感。
国会中継が行われる本会議場、天皇陛下御休所、皇族室、中央広間などを見学しましたが、
ステンドグラスの天井や木製扉に施された彫り物・大理石や赤絨毯・・・建物全体に重厚感が漂います。
いつもはあまり馴染みのない政治の世界が、少しだけ身近に感じられるような気がしました。
国会見学が終わり外に出ると、47都道府県の「県の木」が植えられた遊歩道がありました。
各県の木を見ながら歩き、千葉県はマキの木。(ちょっと地味かな?)
ちなみに、千葉県の花は菜の花・県の鳥はホオジロ・県の魚は鯛・・なんだそうです。

「そなエリア」は、災害発生時に現地対策本部の拠点となる場所。
体験学習施設で、渡されたタブレット片手に 個々に防災クイズ(大規模地震に遭遇した際の行動について)に答えながら、
地震発生後の街を体験してきました。
学習施設とはいえ、倒壊した建物や火災の様子が再現されたシュミレーション映像も恐ろしく・・あらためて地震の怖さを考えさせられました。

最後に見学したのは東京証券取引所。 
直径17メートルというガラスシリンダーに覆われたマーケットセンターの上には、テレビでよく見るあのぐるぐる回る株価情報?の電光掲示板が
東証アローズは、かつて証券会社の社員が手サインなどで取引を行っていた立会所の頃からは想像がつかないくらい・・
コンピュータ化された 静かで近未来的な雰囲気の所でした。

お花見で賑わった上野公園の桜もすっかり散って、多くの清掃員さんが竹箒で花びらを掃き集めていました。
普段は見ることがないような場所への社会科見学は、新しい発見があって興味深いものです。
工場見学などもおもしろそうなので、また参加してみたいと思っています。



 
2015/3/2・河津桜

 自宅から車で5分ほどの金剛院で、今・・河津桜が満開です。
ソメイヨシノよりも花が大きく、鮮やかな濃いピンク色。それはそれは華やかなこと
そう広くない境内ですが、可愛いノースポールもたくさん咲いていて、カメラを持った人たちが何人も訪れていました。
細い木の枝を覆いつくし、あふれるように咲く桜の花を見ていると やさしい気持ちになってきます。

                            

最近、友人たちに会うと、お互い「毎日何してる?」と 聞いたり聞かれたりすることが多くなりました。
定年後、生活の軸となっていた仕事から離れて・・「サンデー毎日」が「予定なし恐怖症」になってしまうこともあるとか。
忙しい時には、時間ができたらやりたいことがいっぱいあったはずなのに、実際そうなってみると・・
今日は何をしようか? もしかして暇? と感じた瞬間に・・ふと、戸惑ってしまったりすることもありますね。
ずっと働いてきて、遊ぶことやゆっくりと余暇を楽しんだりすることに慣れていないせいもあるのかもしれません。
新たに仕事を探す人、趣味やサークル活動を楽しむ人、みんなそれぞれに 充実した日々を送っていきたいと考えています。

ひとりで気ままに過ごす時間も、なかなかいいものですが♪



 
2015/1/14・新年です

 成人の日も過ぎました。 テレビなどでみると各地でそれぞれ趣向をこらした成人式が行われたようです。
地元の新聞にも、新成人のスピーチや鴨川シーワールドで笑うアシカと記念写真を撮る様子などが掲載されていて
賑やかな笑い声が紙面から伝わってくるように感じます。

テレビに映し出された成人の中には、色とりどりの晴着も・髪形も・メイクも・えっ?花魁?歌舞伎?コスプレ?
仮装行列??・・かと思われるようなものもあり、私たち世代にはちょっと・・馴染めなかったりもしますが・・
問題さえ起きなければ、お祭り気分があったとしても それはそれで良いのでしょう。 
ただ、成人式の主催者側としたら やっぱり心配があるでしょうね。
(それにしても・・着付けやヘアメイクをする美容師さんは・・大変? それとも、何でもありと楽しんでいる?)

今年は年明けから よく晴れて 風もなく 暖かい日が多かったので、南千倉海岸から瀬戸浜海岸まで遊歩道や砂浜を何度か歩きました。
ウォーキングやジョギングをする人。堤防に腰掛けて海を見る人。 波打ち際では等間隔に釣りをする人たち。
明るい日差しに海はキラキラ輝いて、絵に描いたみたいな「お正月風景」でした。

               

退職してから1年が経とうとしています。
特別なことは何もできなかったけれど、それなりに楽しい1年でした。
娘によく似た孫ちゃんの日々の成長を見ていると、幼かった頃の娘の姿と重なります。
今思うと・・仕事をしながらの子育ての時期は毎日が忙しくて、気持ちの余裕もあまりなかった気がします。

孫ちゃんの澄んだ瞳・素直なしぐさ・たどたどしい言葉・・子どもって、なんて可愛いのだろうとあらためて思いながら
娘が小さかった時に見逃してしまっていたかもしれない その時々の表情を、またゆっくりと味わっています。



 
2014/8/27おでん日和

 今日はとても涼しい一日でした。ネットで天気関連を見ていたら「大阪は夏空・東京はおでん日和」と・・?
東京の正午の気温が21度しかなく「おでんのような温かいものが美味しく感じられる日」ということでした。
「おでん日和」・・響きからも温かさが伝わってくるようです(^^) 秋が近いですね。

そういえば、いつだったか「極楽の余り風」という言葉を新聞で知りました。
猛暑の中で、時折すっと吹き抜ける心地よい涼風のことをいうのだそうです。
夏になると思い出し、そんな風を感じるたびに「極楽の余り風・・」と つぶやいてしまいます。

1歳半になる孫ちゃんを保育園に迎えに行くと、駐車場の周りの木々から聞こえるのは蝉の大合唱。
騒がしいと思えるくらいのあの声も「蝉時雨」と聞けば・・何となく趣を感じるから不思議です。
風情のある美しい言葉は、豊かな感性から生み出されるのでしょうね。

車まで歩く間、孫ちゃんが保育園で覚えてきたらしく「ミーン、ミーン」と蝉の鳴き声を真似しています。
蝉は成虫になり地上に出てからは1週間くらいの命だといいます。
夏もそろそろ終わりなんだな・・と思いながら、私も一緒に「ミーン、ミーン」 チャイルドシートに孫ちゃんを乗せます。



 
2014/7/5・コストコ

朝早めに出て、家族でコストコに行ってきました。
家から一番近い幕張のコストコまで、高速を使っても1時間半くらいかかります。
だから会員になっていても買い物に行くのは年に4〜5回?
海外のものも 日本のものも とにかく大量な商品が多いので、出かける前に冷凍庫はしっかり整理です。

今回購入したのは・・この季節だけのお楽しみ「レイニアチェリー」・ネットでも評判の定番「さくらどり」「冷凍エビ」
「ディナーロール」「ブルーベリー」・息子の好きな「シュリンプカクテル」・使い勝手のいい「バスティッシュ」
あとチーズ・バター・シュガーシロップ・パイナップルなど・・やっぱりカートがいっぱいに♪

数多くあるコストコブログを見ていると 、買ってみたいと思う商品がいろいろあるものの・・量の多さになかなか手が出せなかったりしています。
結局いつも同じものばかり購入・・ 次回は思い切って新しいものにチャレンジしてみようかな。
「コストコはテーマパークみたい」と言われるように、見て回るだけでも面白くて楽しいです

                       

 2週間ほど前、妹たちと一緒に母を連れて横浜に1泊しながら出かけた際・・ちょっとした不注意で右足の甲にひびが入ってしまいました。
少し不自由な思いをしましたが、痛みもかなり引いてきたので 復活です(^^) 気をつけなくちゃ!



 
2014/5/10・クラス会

 昭和47年の卒業以来、ほとんど毎年のように開かれている高校時代のクラス会に参加してきました。
定年退職の年齢でもあり、そろそろ親の介護が視野に入ってくる年代でもあります。
いつものように先生も交えて、お互いに近況などを話しながら、穏やかで和やかな時間を過ごしました。
お酒は少々・・お茶会?のような和気あいあいの雰囲気は女性だけだからかも♪

先生は今年で85歳。16年前に亡くなった父と同い年だったせいか、父の面影が重なるような気がします。
耳は少し遠くなられましたが、私たち一人一人の名前や住んでいる地区、家族構成まで覚えていてくれることもあり、
その記憶力には本当にびっくりしてしまいます。

そして、高校時代 同じクラスで過ごした2年間の縁が今につながっているのかと思うと、なんだかほのぼのとした嬉しい気持ちになります。
長い間ずっとクラス会が続いてきたのは、忙しい中で毎回幹事を引き受けてくれている人たちがいたからなんですね (^^)



 
2014/5/1・長崎・ハウステンボス

 先週、友人と「花いっぱいのハウステンボスと九州春景色めぐり」というツアーに出かけてきました。
1日目は、大宰府天満宮〜大興善寺〜雲仙温泉泊。
雲仙温泉では、バス通りのすぐ横が地獄谷の入口。 あちこちでブクブクと水蒸気が噴き出し、
所々で勢いよく湯けむり(噴煙?)が上がっていて、辺りは強い硫黄臭がしました。
硫黄臭は町全体に漂っているようです。 でも、これは「温泉〜!」って感じで・・わりと好きです
雲仙は日本で最初に指定された国立公園だとか。長い遊歩道もあり、地獄巡りは見ごたえがありました。
温泉はホントに気持ちよかったですよ (^^♪

2日目は平和公園〜大浦天主堂〜グラバー園〜ハウステンボスへ。
大浦天主堂とグラバー園は見学時間が少なくてちょっと残念。もっとゆっくり見たかったけど、ツアーだからしかたないですね。

ハウステンボスはオランダの街並みを再現したテーマパーク。
敷地面積はとても広く、ディズニーランドとシーを合わせたくらいだそうです。
チューリップはそろそろ終わりの時期でしたが、花と緑と水に囲まれた園内はとても美しく、気分はすっかりヨーロッパ。
2日目の午後から3日目まで・・クルーザーに乗り・歌劇団のショーを観て・ミラクルツアー体験などのアトラクションも楽しみ・・
夜、閉園間際に観覧車から見た煌びやかなイルミネーションは特に印象的でした

天気予報では3日間とも雨模様のはずだったのですが、小雨が降ったのは太宰府天満宮だけ。あとは曇り時々晴れ
夜の雲仙では、ホテルからしばらく歩いた真っ暗な広場にある「地熱でポカポカ温かい岩盤の上」に寝転んで
星空案内係の方の説明を聞きながら北斗七星を眺めることもできました。



 
2014/4/7・花吹雪

 4月1日に立ち寄った城山公園の桜は満開でちょうど見頃
午前中早目だったせいか駐車場も比較的空いていて、ゆっくりと園内を回り 桜を楽しめました。
開花宣言から始まり花吹雪になるまで、1週間から10日くらいの間でしょうか。 
ほんの短い間だからこそ、よけいに心惹かれるのかもしれません。
満開でも静かに咲き誇るその雰囲気は、桜ならではのものですね。

               さくらライン

昨日BSで「珈琲屋の人々」というドラマをみました。
ストーリーはともかくとして・・最近、こういう落ち着いた雰囲気の喫茶店が少なくなってしまったような気がします。
店内は静かでほの暗く、珈琲を飲みながら本を読んだり・友人と話したり・・そんな思い出もある、居心地のいい ちょっと昭和な喫茶店。
そして軽食メニューの王道は、粉チーズとタバスコをテーブルに置いての「ナポリタン」かな(^^)
今はセルフサービスやガラス張りのカフェ、明るくて開放的なお店が主流になってきているみたい。
 
懐かしさばかりを追い求めるわけではないけれど、いつまでも残っていてほしいと思う「昔ながらの喫茶店」です。



 
2014/2/8・大雪警報

 首都圏では13年ぶりの大雪だそうです。 
小岩に住む妹から送られてきた画像を見ると、景色はまるで雪国。
ベランダや庭は、どうみても30〜40センチは積もっている様子。 明日の都知事選も大変だと思います。
こちらでも朝から雪が降っていて、積もるかなと思ったのですが・・まもなく雨に変わり、積雪はありません。
どうやら雪が積もっていないのは、この辺りだけ? 花咲く南房総はやっぱり暖かいのですね。
ソチオリンピックが始まり、今日は開会式。フィギュアスケートが楽しみです

昨年末からずっと喉の具合が悪くて、病院に通いながらマスクが手放せない日々が続いていたのですが 
やっと治りかけてきた頃・・1月26日に・まさかの・初めての・インフルエンザ。(もしかして感染は病院??)
予防接種もしてあったのに10日近くも寝込んでしまい、イマイチな年の始まりになってしまいました。
でも、初詣のおみくじは「大吉」だったので、これからの見通しはきっときっと明るいはず

待合室に置いてあった相田みつをさんの詩に「幸せとは 求めるものではなく 気づくことだ」と、ありました。
還暦を迎え、気持ちを新たにして・・毎日の生活の中で、あたりまえのようになってしまっている「幸せ」に気づくことから始めていこうと思っています。
明日は「孫ちゃん」が元気に1歳の誕生日を迎えます(^^)



 
2013/11/15・iPad mini

 今月の初め、iPad miniを購入しました。
まだスマホデビューもしてないし説明書もついていないので、設定から取り扱いまでパソコンの取説画面とにらめっこ。
テレビや電話が小学生時代に入ってきた私たち世代にとって、こういうものはなかなか応用がききません。
息子に教えてもらったりしながら何とか使えるようになり、楽しいことが一つ増えたような気がしています

iPad miniは普通のバッグにすっぽり入る大きさなので、持ち歩くのにも便利だし画面の大きさもちょうどいい。
早く慣れていろいろ使いこなせるようになりたいと思います(^^♪

                         

少し前のテレビ番組で、世代別に「秋を感じる食べ物」というテーマでアンケートをとっていて、その結果がちょっとおもしろいものでした。
50〜60代は「新米」「七輪で焼くサンマ」「まつたけご飯」「ぎんなん」「栗」など・・うんうん・そうそう・と頷ける内容。
一方、10〜20代の若者世代が秋を感じるのは、「コンビニのおでん・モンブランスイーツ」「スタバやファミレスの秋限定メニュー」
そして「味付けの骨とりサンマ」などというものも上位に入っていました。
「ファミレスが秋を持ってくる」との言葉に・・これでいいのかしら?と少し不安になってきましたが、
もしかしたらアンケートをとったのは、東京の一部の地域だけなのかもしれませんね。

いつのまにかシニアと呼ばれる世代に近づいてきています。
「秋の味覚」はしみじみと味わいたいものです。




 2013/9/16・オリンピック招致

 先週、2020年のオリンピック開催地が「東京」に決まりました。
決め手となったと言われている最終プレゼンテーション。
陸上パラリンピック選手・佐藤真海さんのスピーチは特に印象的でした。
義足になってしまった辛い病気の体験や、東日本大震災での被災・・いろいろなことを乗り越えてのあの笑顔。
「大切なのは私が持っているものであって、私が失ったものではない」という言葉に、胸がじんとしました。
今回のプレゼンで初めて佐藤真海さんを知りましたが、応援していきたいですね。

50年ほど前の前回の東京オリンピック。テレビが一般家庭に普及し始めた頃。
当時10歳のわりには、あまり覚えていないような気もするけれど・・
日本選手団の入場行進の様子と、三波春夫さんの「東京五輪音頭」の歌声が懐かしく耳に残っています♪

                       

今日は台風18号のため、外は雨風で大荒れです。
台風情報によると、突風や数十年に一度の大雨もあり、各地で大きな被害がでているとのこと。
上昇し続ける気温、豪雨、最近頻繁に起こっている竜巻。自然災害の記録更新は、あってほしくないと思います。



 
2013/9/1・夏の終わり

 連日のあまりの暑さに早く終わってほしいと思っていた夏ですが、
夏の終わりのこの時期にはどこか特別な雰囲気があり、吹き抜ける風にもちょっと切ないような郷愁を感じます。
今日は友人と「鴨川館」のデザート&ランチブッフェに行ってきました
季節ごとに一日だけのランチブッフェ・・予約限定でゆったりと食事を楽しめるので何度も利用しています。
いわゆるバイキング形式でも、ひとつひとつが丁寧に作られているので、デザート好きな方には特におススメです。
ちなみに、グループ・友人同士・母娘・9割くらいが女性です(^^)
                 

今から90年前の今日、9月1日は関東大震災が起こった日。
3年ほど前に103歳で亡くなった祖母も、東京でこの震災に遭ったそうです。
上京してわずか3日目だったという祖母はこの時16歳。
東京の地理など全くわからないまま、火災の中を必死で逃げたと話していました。

思えば・・この時祖母が生き延びてくれたから、今こうして母も・私も・娘も・息子も、そして今年生まれたばかりの孫も存在しているのですよね。
テレビで当時の写真映像を見ながら、起こるといわれている房総沖地震がふと頭をよぎりました。



 
2013/4/5・「こころ旅」

 すっかり春になり、庭のチューリップも咲き揃いました。
NHKBSプレミアム・朝の連続ドラマの後の「日本縦断こころ旅」も、新たな旅の始まりです。
火野正平さんが、視聴者からの手紙に書かれた「忘れられない心の風景」を「自転車・チャリオ」で訪ねるというこの番組。
今回は鹿児島から山梨までの12府県を、スタッフの人達と一緒に自転車で走ります。

旅番組といっても、名所旧跡を巡るわけでもなくグルメ紹介などもないのですが、それがまたいいのです。
火野さんのつぶやきのような自然体のトーク?が、ほのぼのした雰囲気を作りだしていて・・テーマ曲も爽やか♪
今週、画面いっぱいに映ったレンゲソウ畑が印象的でした。もう何年もレンゲ畑は見ていなかったような気がします。
寄せられた手紙を読み・・「心に残る場所」は、何気ない日常の中にあることが多いのだなと感じています。

走るのは平坦な道もあれば延々と続く山道・坂道も。息をきらす上り坂に比べ、下り坂最高〜!状態の時は見ている側もホッとしますね(^^)
そして、雨の中をびしょ濡れで走るのは大変だから、走行する日が良い天気でありますように

                         

2月9日、娘に女の子が生まれ「初めての孫ちゃん」が誕生しました。
こんなにも小さかったんだ・・と、自分が母になった時のことを思い返し、その娘がこうして母親になったということにも感動してしまいます。

赤ちゃんの甘い匂い・すべすべやわやわのほっぺ・ふわふわの髪の毛・思いのほか強く握る手の力。
時々笑い顔をみせるようになり、まわりのみんなを幸せな気持ちにしてくれます。
抱っこした腕の中で気持ち良く眠る姿に、これからどんな時代を生きていくのだろうかと考えます。
始まったばかりの人生。時には雨や嵐の日もあるかもしれないけれど、穏やかで晴れやかな日が多くあってほしいと願うばかりです。



 
2012/12/31・大晦日


 昨日からの雨風も上がって、穏やかで暖かい一日でした。もう少しで新年。
久しぶりにゆったりしたお正月を迎えることができそうです。

最近は「もういくつ寝るとお正月〜」のような特別感があまり感じられなくなったとはいえ・・
暮れの大掃除から始まり、簡単でもおせち料理を用意し、鏡餅をお供えして正月飾りをする。
年賀状を書き、お年玉の準備も。
ガソリンスタンドに洗車の列ができていて、スーパーでの慌ただしさと混雑。やはり大晦日です。
昨日はお墓参りに行ったのですが、どこのお墓もお正月を迎えるためにきれいに整えられていました。
時代が変わっても、まだまだそういうことを大事にしたいと思う日本人の心の表れなのでしょう。

今朝のテレビでディズニーランドのおせちが紹介されていました。
ミッキーやくまのプーさんを形取ったかまぼこやにんじんなど、華やかで可愛いおせちは
子どもだけじゃなく大人でも嬉しいと思えるようなものでした
今は・・ホテルや飲食店で趣向をこらしたものや、通販・コンビニなどで予約注文する家庭も増えてきたみたいですね。

                       

2012年を振り返り、新聞に「今年去った人」として有名人の訃報が載っていました。
中でも記憶に新しい中村勘三郎さんのことは、歌舞伎をよく知らない私でもショックだったし・・とても残念な気持ちです。
流通ジャーナリスト・金子哲雄さんの特徴のある元気な声。いつも通勤途中の車の中で聞いていたので、すぐには信じられない思いでした。

家族・友人・知人・・誰にでも大切に思う人がいます。
親しかった人が思い出になってしまうのは何とも寂しいことですね。


紅白もそろそろ終盤。美輪明宏の「ヨイトマケの唄」が胸にしみます。




 2012/10/21・秋ですね

♪心の水面にさざ波が立って・あぁ秋ですね〜♪高田みづえの「秋冬」。
何十年前の歌だろう?記憶の中に埋れていたフレーズが突然浮かんでくることってありますよね。
コスモスが咲き、柿の実が色づいて、ススキの穂が揺れる・・爽やかな秋です。

昨日は高校の同窓会があり、初めて出席してきました。
クラス会とは違い同窓会は何となく敬遠?してきたのですが、今回は私たちの学年が幹事学年ということで
役員さんから強力な誘いもあり、流されるままの出席となりました(^^)

当時若かった先生方も、すっかり白髪になられて・・自分たちの過ぎてきた年月と重なります。
出席した卒業生は、ほとんどが私たちより上の年代の方ばかり。中には毎年のように出席されている80代の方もいらっしゃいました。
私たちも卒業してから早40年。ずっと会うことがなかった人でも面影が残っていてわかるものですね。

今回の出席者は106名。先生と来賓の方々が18名。
卒業生によるお琴の演奏もあり、最後にみんなで「校歌」と「エーデルワイス」を合唱した時には「古き良き時代の女子高だったな・・」と、
一瞬だけあの時代にタイムスリップ。
今は合併により歌われなくなってしまった「校歌」と「卒業式の歌」を残そうとして作られたCDが販売されていたので、
あまり聴くことはないかも?と思いながらも、しっかりと買って帰ってきました。



 
2012/7/1・ホームベーカリー(HB)

 母の日にHBをプレゼントしてもらってから1ヶ月半。
パン屋さんへの足が、すっかり遠のいています。

以前からHBに興味はあったのですが・・「パン屋さんのパンの方が絶対おいしいだろうし、
何回か作ったら飽きてしまうかもしれない」と、買わないままになっていました。
ところが・・今年の母の日に、思いがけずHBが手元にやってきたのです(*^^)v
HBの操作はとても簡単!強力粉やバター・牛乳・ドライイーストなどの材料をセットして、スイッチをポン。
早焼きだと2時間足らずでホカホカのパンが焼き上がります。そうして焼き上がったパンは、
考えていたのよりず〜っと美味しい☆

さっそくネットでパンレシピを検索して、いろいろと作ってみました。
今、一番のお気に入りは「お豆腐パン」。一斤のパンに150gのお豆腐を入れるのですが、しっとり・ふんわり・やわらかで家族にも大好評。
毎日の朝食用にせっせと焼き続けています。
レーズンやクルミ入り、カボチャのパンもなかなかの出来上がり 焼けるときのいい香り♪ちょっと感動♪何よりも・・楽しい

そのうち「HBにおまかせ」ではなく、途中からのアレンジパンとして「クリームパン」とか「メロンパン」など作れたらおもしろいだろうな〜と思う。
パン作りへの道は奥が深そうです。
さらにHBは、うどんやパスタ、お餅も作ることができるとのこと。ホームベーカリーを作った人はすごいな〜感謝・感謝です (^o^)丿




2012/4/23
アウトレットへ

 桜の花も終わり、明日の予想気温は25度くらいまで上がるところもあるらしい。
肌寒い日と 初夏みたいな日を繰り返しながら季節が変わっていきます。

昨日は友人と4月13日にオープンしたばかりの「木更津のアウトレット」に行ってきました。
いつもだったら4月は毎年恒例のお花見ドライブなのですが・・今年は時期が少しずれてしまったし、
天気もあまり良くなかったので・・とりあえずアウトレットにでも行ってみようかと 。
11時前に着いたのですがやはりかなり混んでいて、
駐車場にはアクアラインを渡ってきた県外の車が多く見られました。

全体をぐるっとまわり、お買い物は無し。人混みの中での買い物はどうも苦手です (^_^;)
店舗数も多く171店舗もあるとか。50%OFFが さらに20%OFF なんていうお店もあり、値段設定ってわからないものですね?
「若い人向けのお店が多いから、私たちが見るのはバッグと靴くらいかも・・」などと 友人と話しながら、早々に引きあげてきました。

遅めの昼食。木更津に来たのだから、今が旬のアサリだねと ”まっぷる”を広げ・・老舗と言われるアサリ料理のお店で、
アサリのかき揚げとアサリの炊き込みご飯、それにアサリの味噌汁のついた定食を注文してみました。
まあ、それはそれなりに美味しかったのですが・・帰りの車の中で「ちょっと・・お腹痛いな」「私も・・
天ぷらの油のせいなのか? 残念な結果でした

道の駅には掘りたての新鮮なタケノコが「放射能検査済み」と書かれているにもかかわらず、たくさん売れ残っています。
タケノコと露地栽培の原木シイタケは、県北の方で放射性セシウムが検出され出荷停止が発表になったばかり。
地域が違っても、何となく買い控えてしまうのでしょうね。