2014年4月20日〜22日 (2泊3日)


友人と2人 「花いっぱいのハウステンボスと九州春景色めぐり」という
クラブツーリズムのツアーに参加してきました。


   ☆1日目・・羽田空港発8:25〜福岡空港着10:15〜大宰府天満宮〜大興善寺〜雲仙温泉(湯元ホテル泊)

   ☆2日目・・雲仙温泉〜長崎・平和公園〜グラバー園〜ハウステンボス(ホテルオークラJRハウステンボス泊)
   ☆3日目・・ハウステンボス〜佐世保・展海峰(九十九島の景観)〜福岡空港発19:00〜羽田空港着20:35







学問の神様として知られる菅原道真公を祀る
全国の天満宮の総本宮。
参拝客も多いです。

小雨模様がちょっと残念
参道の「茶房きくち」で抹茶と梅ヶ枝餅を♪












硫黄のにおいとともに蒸気が噴き出していて、長い遊歩道沿いに
清七地獄・お糸地獄・大叫喚地獄など名前がつけられています。

すぐ近くには温泉旅館が立ち並び
地獄の湯を源泉として引いているそうです。














☆大浦天主堂

現存する日本最古の木造教会。
内部のステンドグラスが美しいです。


☆グラバー園

花々に彩られた園内には
9棟の古い洋館があり、
ベランダからは長崎港が見下ろせます。

グラバー邸はオペラ「蝶々夫人」の
舞台になったことでも知られています。


☆平和公園

昭和20年8月9日原爆が投下された
浦上地区の丘の上にあり

天を指す右手は原爆の脅威を・
伸ばした左手は世界の平和を・
閉じた目は原爆犠牲者の冥福を・
祈っているといいます。















日本の中の外国という感じ♪

広い園内は、どこも季節の花でいっぱい。
花畑の中の風車は
オランダの田園風景を思わせます。

巡回するバスや
花で飾られた可愛い船で移動。
それでも・・広大な敷地の中
びっくりするくらい歩きました!


平日で空いていたこともあり
アトラクションの待ち時間も
ほとんどありません。

ドムトールン(高層タワー)の展望室からは
ヨーロッパの街並みを一望するかのよう。
夜は白い観覧車の頂上で
イルミネーションを満喫

ハウステンボス歌劇団による公演は
本当に素晴らしかったです。








 展海峰展望台より

最後に立ち寄った
大小208もの島々が浮かぶ九十九島。

空は薄曇りだったのですが
自然の風景はなんて美しいのだろう!と
思わせる景観でした。

晴れた日に沈む夕日を
 見てみたいですね (^^)